2017-03-24

フランス語で論文等を書く場合の引用スタイルや略語の「問題」

- MLA Jean, Julie. ‘Jacques Ferron auteur satirique.’ Le Devoir 11 Jan 1977: B-89. - Chicago (full note with biblio) Jean, Julie. ‘Jacques Ferron auteur satirique.’ Le Devoir, Janvier 11, 1977, nationale edition, sec. Cahier Littérature. 1) For DATE: order in MLA is right : it’s always: DAY Month Year (Chicago is wrong and never a coma between DATE elements) 2) For Abreviations: MLA and Chicago are wrong: French use a DOT at the end: jan. , fév., nov. , déc., etc., but not for MAI (just 3 letters): we can find the standard list somewhere. BUT it could be very complicated: if some styles use a DOT as delimiter, and if it put one after a MONTH for some item, we will find déc.. (with 2 dots?!) Is this append, I don’t know… An other difference I saw; english put a dot after no. (number); French is: no (without dot) 3) uppercase for MONTH: MLA and Chicago are wrong: for dates like '11 janvier 1977', French MONTH are always in lowercase BUT there is an exception: in styles using DOT as delimiter before DATE (always or for some items like Chicago Author-Date) Radio-Canada/CBC. 1999. Jacques Ferron, cynique et tendre. Portail. Radio-Canada. Octobre. In this case, first letter of MONTH is uppercase (when a DOT is just before) 4) Translation and order of some expressions: In Chicago (note and biblio) : Jean, Julie. ‘Jacques Ferron auteur satirique.’ Le Devoir, Janvier 11, 1977, nationale edition, sec. Cahier Littérature. Chicago add « edition » related to info put in field EDITION for a Newspaper Article In French it’s: édition nationale (not nationale edition) Ce sont mes premières observations. En conclusion, il y a 3 éléments qu’on devrait réviser (proofreading) dans le French Local Setting pour tous les styles - traduction des termes et expressions, ex.: édition / edition - liste des abréviations - ordre des champs pour DATE (jour mois année) - bas de case (lowercase) for MONTH

» 続きを読む

「私人」問題

森友学園問題(国有地売却不正疑惑)に関連して、現首相夫人である安倍昭恵氏が「私人」であるかどうかが取り沙汰されている。   昨日、学園理事長・籠池氏の両院での証人喚問があり、議会の場での同氏の発言に対して、昭恵夫人がSNS上で反論した文章をざっと見た。   わたしの「秘書」ということばが気になった。   秘書は、言うまでもなく、なにかしらの業務ないし職務を主として行う...

» 続きを読む

2017-03-14

オリックスバファローズOP戦報告

 WBCの裏で、暑いNPBプロ野球オープン戦が繰り広げられています。  WBCは観ていません。予選リーグ開始以前から、民放テレビ各局をはじめとする日本代表チームの戦力評価は、〈過大〉で、〈優勝祈願〉の連呼。太平洋戦争突入の大本営発表を記事にする新聞とそれに浮かれる下々の大衆の心性をいまこの眼で見ているかのようで、この国はなんにも変わっていないんだなと呆れます(笑)。    さて、オリック...

» 続きを読む

Gesture of Smoking a Pipe - Minnesota Scholarship

Gesture of Smoking a Pipe - Minnesota Scholarship: ""   andrew hieronymi - bio: "" Autotelic Digital Play: Flusser and the Gesture of Smoking a Pipe - Andrew Hieronymi - 2016: "" (Via.)          

» 続きを読む

2017-03-03

L'époque abrutie de ne rien savoir

    Avide est la société d’aujourd’hui qui garde et stocke tout dans les banques de données, dans laquelle les gens oublie de penser et marcher par lui-même.       Avid is the today's society keeping everything in databases, in which people forget to the way of thinking and walking by oneself.           Très schématiquement : d’une part, elle se donne en droit les moyens de ne pas rejeter dans les ténèbres extérieures et inférieures de la pensée l’immense question de la mémoire artificielle et des modalités modernes de l’archivation qui affecte aujourd’hui, à un rythme et dans des dimensions sans commune mesure avec celles du passé, la totalité de notre rapport au monde (en deçà ou au-delà de sa détermination anthropologique) : l’habitat, tous les langages, l’écriture, la « culture », l’art (au-delà des pinacothèques, cinémathèques, vidéothèques, discothèques), la littérature (au-delà des bibliothèques), toute l’information ou l’informatisation (au-delà des banques de données),  les techno-sciences, la philosophie (au-delà des institutions universitaires) et cela dans une transformation qui affecte tout rapport à l’avenir.»  (Jacques Derrida, Mémoires — pour Paul de Man)

» 続きを読む

2017-03-02

Istituzione e Differenza #1 - Intervista a Paolo Virno - Ferdinand de Saussure - YouTube

Interview Paolo Virno talking about Saussure’s  difference  Istituzione e Differenza #1 - Intervista a Paolo Virno - Ferdinand de Saussure - YouTube: "" (Via.)

» 続きを読む

2017-02-23

2017年のオリックスバファローズ、キャンプから

 オリックス一軍キャンプ(宮崎)の模様を、テレビでざっと見ました。  J-Sportsで放送されている三時間番組を、第3クールから第5クール2日目まで、録画しておいたものを一番組10分で駆け足視聴、まとめて視聴。    2クール分を一時間での上での印象を。      みなさんご期待の吉田正尚、あいかわらずの打撃絶好調。そびえ立つ先輩たちをもろともしない紅白戦での4番で...

» 続きを読む

歩く,見る,聞く 人びとの自然再生 - 岩波書店

歩く,見る,聞く 人びとの自然再生 - 岩波書店: "" (Via.)      「歩く・見る・聞く」、これは15年来わたしが若者(学生)に向けて言ってきたことで、〈歩く・見る・聞く-話す・表現する〉は、そのまま遠い昔に教養科目プログラム全面改定を仰せつかったわたしが設計のなかに「コース」として取り入れたものそのままです。  同じことを考えているひとがいるん...

» 続きを読む

2017-02-20

【創作】ぼくのことを嫌いなひとへ、好きなひとへ

ぼくのことを嫌いなひとへ、好きなひとへ       ぼくは君を知っている。 ぼくは君のぼくを知っている。 ぼくにもぼくはあるから。 友だちとケンカしたときに、叩かれて少しずつ小さくなるぼく。 友だちのために、言い、考え、動いていると消えているぼく。   ぼくのことを嫌いなひとへ。 ぼくのことを嫌いなことを知っています。 近づくと怒った顔になっちゃうので、なるべく近づき...

» 続きを読む

2017-02-17

2016 日本映画ベスト

2016日本映画ベスト      2016年に公開された邦画の個人的なベストを挙げます。   リップヴァンウィンクルの花嫁(岩井俊二監督・脚本) ヤクザと憲法(阿武野勝彦プロデューサー、土方宏史監督、中根芳樹撮影) この世界の片隅に(片渕須直監督、こうの史代原作) ジョーのあした(阪本順治監督)      豊作の年だったと言われます。わたしにとって...

» 続きを読む

«自宅で一番安くフランスのカフェのエスプレッソを飲む方法

【銘】

  •  ――山川草木悉有仏性

     ――草木国土悉皆成仏

  • 正しい智慧によって解脱して、やすらいに帰した人——そのような人の心は静かである(釈尊、中村元訳)





  •  人生無根蒂 飄如陌上塵 分散逐風轉 

     此已非常身   (陶淵明「雑詩)

【詩とことば】

  • 情けも過ぐれば仇となる


  • 生まれた土地は荒れ放題、今の世の中、

    右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。


    何から何まで 真っ暗闇よ

    すじの通らぬ ことばかり

    右を向いても 左を見ても

    ばかと阿呆の からみあい

    どこに男の 夢がある

    〔古い奴だとお思いでしょうが〕

    〔どこに新しいものがございましょう。〕


    真っ平ご免と 大手を振って

    歩きたいけど 歩けない

    嫌だ嫌です お天道様よ

    日陰育ちの 泣きどころ

    明るすぎます おいらには


    (藤田まさと「傷だらけの人生」※一部抜粋・改変)

  • 2.







    雨ニモマケズ

    風ニモマケズ

    雪ニモ夏ノ暑サニ

    モ  マケヌ

        丈夫ナカラダヲ

                モチ


    慾ハナク

    決シテ瞋ラズ

    イツモシヅカニ ワラッテ

                 ヰル

    一日ニ玄米四合ト

     味噌ト少シノ

         野菜ヲタベ


     アラユルコトヲ

     ジブンヲカンジョウニ

            入レズニ

         ヨク

    ソシテ   ミキキシ

     ワスレズ     ワカリ

    野原ノ松ノ林ノ蔭ノ


       小サナ萱ブキノ

           小屋ニヰテ

     東ニ病氣ノコドモ

           アレバ

     行ッテ看病シテ

            ヤリ


     西ニツカレタ

            母アレバ

     行ッテソノ

     稲ノ束ヲ

        負ヒ

     南ニ


        死ニサウナ人

               アレバ


     行ッテ

      コワガラナクテモ

         イヽ

    行ッテ   トイヒ


     北ニケンクワヤ

          ソショウガ

                アレバ


     ツマラナイカラ

          ヤメロトイヒ

     ヒドリノトキハ

     ナミダヲナガシ


     サムサノナツハ

        オロオロアルキ

     ミンナニ

        デクノボート

             ヨバレ


     ホメラレモセズ

     クニモサレズ

         サウイフ

             モノニ

        ワタシハ

           ナリタイ


      南無妙無邊行菩薩

      南無上行菩薩

     南無多寳如来

    南無妙法蓮華經

     南無釋迦牟尼佛

      南無浄行菩薩

      南無安立行菩薩


    (宮澤賢治、昭和六年九月廿日からのいわゆる「雨ニモマケズ手帖」より、11.3をもとに転記)

  • 1.





    僕の後ろに道はない

    僕の後ろに道は出来る

    ああ、自然よ

    父よ

    僕をひとり立ちにさせた広大な父よ

    僕から目を離さないで守る事をせよ

    常に父の気魄を僕に充たせよ

    この遠い道程のため

    この遠い道程のため


    (高村光太郎「道程」、1914,2)



[放映中・予定]映画とドラマ

今日の一枚

  • 原由子 - Loving You

    Loving You
    原由子: Loving You

    表題曲だけなんだけど。いやじんじんじんも。「シャララ」もそう。この時期のサザンは、カレッジバンドの勢い爽やかさと、一見歌謡曲の裏に実はすごい濃いR&B、ブリーズコード、さらに当時のUK最先端と同時進行の洗練さをもちあわせていたり。「別れ話は最後に」も、EBGやスタカンに負けない。ブリーズにリズムと注目するとやっと「エリー」を素晴らしい曲と思えるようになった。

◎「教養の道」内検索

○precaires

◐[Season Photos]

_

  • _9_9_81_1_1

  • 教養の道リターンズ™️ セレクション
  • 本ブログ内のリンクから書籍などを購入されると、著作者にポイントが還元されることがあります。

ad.6

AD.3

書店

  • キーワード:

無料ブログはココログ

[configuration]